週報を提出します
激動する社会情勢、進化しつづけるIT、愛憎渦巻く人間関係、そんな現代の日常を一介のサラリーマンが赤裸々につづるブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人形町「玉ひで」の親子丼
tama1.jpg


玉ひで の親子丼。
鉄人・陳健一が「生涯一の丼」として名を挙げるほど、親子丼が有名。
入店までに1時間半くらい並んで待つことを覚悟できる者だけが食べることができる。
テーブルは4人席がほとんどであるため、2人で行った場合は相席となる。

店に入ったおいら達2人は、当然、もう1組の男女と相席となった。

ここで衝撃の事実発覚。

食券を出した時点で、おいら達2人はふつうの親子丼(トク親子丼 800円)だが、向こうは極上親子丼(1500円)を頼んだことが発覚したのだ。

「極上」を目の前にして、「普通の」親子丼をたべるのかあ。

これは精神的なプレッシャーが大きい。
例えるなら、牛丼の特盛を目の前にして並を食べるようなもの?
いや、700円の差はその比ではないはずだ。
すげー豪華な丼と、しょぼい丼の対決ってかんじ?
勝ち組と負け組?
チェ・ホンマンと曙くらい?

でも玉ひでの親子丼だから、どっちもうまいはずだよ、うん。
自分にそう言い聞かせるしかない。
腹をくくったおいら。

初めに出てきた鶏のスープは、みんないっしょだけど、きっと、丼はちがうんだろうな。とほほ。
って、腹をくくってないじゃん>おいら。
腹が減ってるだけでした。
スープうまい。とほほ。

さあ、丼がきたっ!
両者、同時にフタを開けたあっ!
いったいどれほどのちがいだ?がんばれ曙!

tama2.jpg
手前がおいら。むこうが敵。


えっ?

同じ?

いや、ちょっと違うか。
こっちと向こうの違いを把握しようと、首を上下しながら観察するおいら。

ええっと、そちらには丼の真ん中に卵の黄身がのってますね。
それから、あ、横の漬け物がこっちとそちらで違いますね。

あとは?

ご飯の量も卵や鶏肉の様子も変わらないように見えますが?

ええっ?マジっすか?ほぼおんなじ?

いいや、食っちまおう。
うまー。卵の半熟加減が最高。鶏肉の食感とジューシーさがグー。

じゅうぶんウマイっすけど、そっち、一口、食わしてください。
そう言ってみたかったそんな親子丼。
実際のところ、700円の違いが卵の黄身と漬け物の違いだけとは思えないので、次回は極上をいただいてみる予定。
っていうか、じゅうぶんウマかったから、もういいんすけど。
っていうか、1時間半も待つっていうのがネックです、おいら的には。
ウマい、早い、安い、を実現してほしいかんじ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして☆ミ
私も昔、玉ひで行ったのですがあの行列に相方が途方にくれていて諦めた経験があります(;´д`)トホホ
私は並んでも食べてみたかったのですがw
いつか並んでも食べてみたいです♪
2005/12/13 (火) 02:39:44 | URL | aiぴめ #-[ 編集]
はじめまして、aiぴめさん。
モモンガかわいいっす。
そう、玉ひでは、ぜひ並んでいただいて、「極上」の方を味わってみていただきたい。
2005/12/14 (水) 01:04:41 | URL | やまさん #Xv4kLnwA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 週報を提出します all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。